2015年06月30日

最高裁判決平成21年(行ヒ)324〜326号が掛けた謎


 特許権の存続期間の延長制度の問題に関して出された先の最高裁判決 平成21年(行ヒ)324〜326号(平成23年4月28日判決)。 しかしその判決内容は不可解であり、まるで謎かけのようだ。
 平成23年12月に特許庁が改訂した審査基準、そして昨年5月に知財高裁が出した大合議判決。 これらはいわば、先の最高裁判決が出した謎かけに対して、それぞれが出した答えだ。
 4月10日の投稿の最後で既に私の考えは書いてしまったけれど、本稿では、改訂審査基準と大合議判決との間の延長に対する考え方の違いとその背景を考察するとともに、あるべき延長制度においては、そのどちらでもなく、「有効成分と効能・効果」 に着目した旧審査基準に似た考え方が再び採用されるべきであることについて説明する。 それが最高裁が出した謎かけに対する答えだ! 

Sotoku, 通号5号, 1-35, 2015  (published online on 30-06-2015)

タイトル: 最高裁判決平成21年(行ヒ)324〜326号が掛けた謎

─ 特許権の存続期間延長制度における特許庁と知財高裁の対立とその解消 ─

著者:  想特 一三 (Sotoku Ichizo)


posted by Ichizo Sotoku at 08:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック